ブラジル滞在記

ブラジルでデータサイエンティストしてる僕の日記。データサイエンスネタは多分書かない。

ブログ用の写真に写り込む他人の顔への対策

僕はブログ用の写真にそこまでこだわっていない。

写真メインのブログでもないし、良いカメラも持っていない。持っていたところで使いこなせない。

そんなわけで、スマホで適当に撮った写真を使用している。

それでも少しくらいは気にしているところ、気にしなければいけないところがある。
車のナンバーとか、人の顔が写り込まないようにしなければいけない。個人を特定できる情報は載せないようにしないといけない。

僕が適当に写真を撮ると、この2つは、まぁ、頻繁に写り込む。
写真の編集をして該当部分だけ消せば良い話なのだが、『ダラダラ』な気持ちで運営しているこのブログでそこまで頑張りたくはない。

てわけで、適当にプログラムを書いてみた。
人の顔が写った写真を自動で顔の部分だけココナッツにすり替えるプログラム。

こんな感じの写真を与えると。。

f:id:marubontan:20190227095250j:plain

顔の部分だけを自動でココナッツにすり替えてくれる。(僕にとっては)便利。複数の顔が写っていても全部ココナッツにしてくれる。

f:id:marubontan:20190227095328j:plain

これからは、顔がココナッツにすり替えられた人の写っている写真をブログで使っていくかもしれない。

結構簡単に容量一杯になったKindle

僕の生活にKindleは欠かせないものだ。

日本にいた時にAmazonKindleセールがあり、その時に購入したKindle Paperwhiteを今でも使用している感じだ。

 

その時は容量を全く気にしていなかったのだが、たしか4GB。

 

電子書籍の容量なんて大きいものではないし、4GBで十分だろうと思っていたのだが、案外早く容量一杯になってしまった。

 

そもそも、この電子インクを使用している『Paperwhite』というのが本当に優れていて、読みやすさが抜群だからと、電子書籍以外のちょっとしたPDFとかも全部保存しているのが良くないのだろう。

 

別に一度に全部の本を読むなんてことはありえないので、読む頻度の少ないものからパソコンに移していけば良いだけではあるのだが、面倒臭いと言えば面倒臭い。

 

 

バッグの中で何かにぶつかったのか小さなヒビが画面に入っているので、それを自分への言い訳にして新しい大容量のKindleが欲しいと思ったりもする。

こんなん。

 

 

次にKindleを買う時は煩わしさを避けるためにも大容量を買いたいところ。

できれば、大型サイズで論文を読みやすいものなんかもの発売してくれたらとても嬉しい。